SO Technologies × 西川コミュニケーションズ 共催 無料ウェビナー

店舗DXで実現!
販促業務のコスト削減
成功の秘訣とは?

2022.5.13(金) 16:00~17:00
本セミナーはSO Technologies株式会社様 Webサイトでのお申し込みとなります。
上記お申込みボタンよりSO Technologies株式会社様のセミナーページへ遷移されます

こんな方におすすめ

  • 店舗の販促コストの削減に関心がある多店舗事業の担当者の方
  • 販促業務のDXを推進されている担当者の方

セミナー内容

店頭集客などの販促施策やデザイン管理などの販促業務において最も重要なことは、コスト削減と言っても過言ではありません。その販促業務のコスト削減における課題は、よりいっそう改善すべきものへと変化しています。

今回のセミナーでは、
多店舗業態に特化した販促業務のDXを軸に、Googleビジネスプロフィールを活用した低コスト化に貢献できる店頭集客方法やデザイン品質を維持しての業務工数削減方法など、いま注目されているコスト削減ノウハウを紹介します。

SO Technologiesは、店舗集客支援サービス「ライクル」を提供しており、店舗DXにも重要なGoogle ビジネスプロフィールの情報登録・更新・運用の一括支援をサービスを通じて多数サポートしてきました。
また、西川コミュニケーションズは、販促のデータ管理支援サービス「CIERTO(シエルト)」を提供しており、多種多様なクリエイティブデータを関係者間でスムーズに共有と一元管理する支援を、サービスを通じて多数サポートしてきました。

この2社が紹介する販促におけるコスト削減ノウハウは、多店舗業態の事業責任者・マーケティング責任者の方は必聴の内容です。
本セミナーはSO Technologies株式会社様 Webサイトでのお申し込みとなります。
上記お申込みボタンよりSO Technologies株式会社様のセミナーページへ遷移されます

セッション内容

クリエイティブの品質を下げずに販促業務のコストを削減する方法

販促におけるクリエイティブ業務は、コロナ禍でのSPチャネルの増加と少子化による人手不足の影響とで、従来の属人的な対応が限界に近づきつつあります。人手不足をテクノロジーで補うのは、もはや当然という段階にまで来ています。
テクノロジーによるクリエイティブを効果的に管理する手法がDAM(デジタルアセットマネジメント)です。
本セッションでは、DAM(デジタルアセットマネジメント)を活用した多種多様なクリエイティブデータの管理を行い販促コストを削減する方法について解説します。

無料で活用できるGoogleビジネスプロフィールを活用して集客コストを削減する方法

コロナの影響で、来店前に店舗情報を調べるユーザーが増加しています。
Google検索・マップで事前に店舗の情報を調べるユーザーが多く存在します。
来店前の接点を効果的に活用する手法が、Google検索・Googleマップの情報を無料で管理するための仕組み「Googleビジネスプロフィール」です。
本セッションでは、Googleビジネスプロフィールを活用した店舗集客を行い販促コストを削減するための手法・Googleビジネスプロフィールの運用コストを削減する手法を解説します。

セミナー概要

日時

2022年5月13日(金)16:00~17:00

参加費  

無料

参加方法 オンライン開催(Zoomウェビナー)
お申し込みフォームでご入力頂いたメールアドレス宛に、Zoomの配信URLをご連絡いたします。
注意事項  

※Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。

※ウェビナー登壇企業の競合にあたる会社は参加をお断りする場合がございます。

本セミナーはSO Technologies株式会社様 Webサイトでのお申し込みとなります。
上記お申込みボタンよりSO Technologies株式会社様のセミナーページへ遷移されます

講演者

光山 誠一
SO Technologies株式会社
ライクル事業本部
大手Webマーケティング会社にてWeb広告を中心としたアカウントプランナーに従事し、ダイレクトマーケティング業種を中心としたコミュニケーション立案を経験。2014年よりシナジーマーケティング社に入社。
CRMのコンサルタントとして従事し、お客様向けにメールマーケティングやDMPの設計支援を従事。
2021年よりSO Technologies株式会社に参画し多店舗向け集客支援サービス「ライクル」のマーケティング活動に従事。
尾野 貴敏
西川コミュニケーションズ株式会社
CIERTO セールスマネージャー
DTP黎明期からオペレーターとして従事し、その経験を生かしながら新聞・雑誌広告のデジタル化推進プロジェクトに技術要員として参加。 その後、ICTの知識を生かした技術営業として職務したのち、現在はデジタルアセット管理システム「CIERTO(シエルト)」および、オンライン校正システム「APROOVE(アプルーブ)」のマネージャーとして活動。